エンプティチェア技法(ゲシュタルト理論)

エンプティチェア技法とは、ゲシュタルト療法でも中核をなす技法です。この技法は、パールズによって提唱されたアプローチとして知られています。日本では、「エンプティチェア技法」、「空の椅子の技法」と呼ばれています。

 

空の椅子(クッション、座布団など)に気にある相手やもう一人の自分を座らせて、対話するものです。



エンプティチェア技法とは

エンプティチェア技法とは、ゲシュタルト療法でも中核をなす技法です。この技法は、パールズによって提唱されたアプローチとして知られています。日本では、「エンプティチェア技法」、「空の椅子の技法」と呼ばれています。

 

空の椅子(クッション、座布団など)に気にある相手やもう一人の自分を座らせて、対話するものです。

 

例えば、母に対しての怒りがある場合、セラピストは空のクッションに母がいる想像として、「どんなことを言いたいですか」と伝え、クライアントは空の椅子に母がいると想像して、母に対しての言いたいことや感情を伝えます。(下記の図の①)

 

次に、今度はクライアントが母のクッションに座って、母になりきって自分自身に話しかけます。

(下の図の②)

 

この、2つのクッションを行き来してもらい、母と自分との対話を両者の立場から対話させるのですが、双方の思い感情、伝えたいことを形にしていくと、そこから思いつかない気づきが生まれます。

 

ゲシュタルト療法のアプローチは、自分自身を分裂させたり、人と対立したり、切り離してしまったものを全体として統合する方法であります。


エンプティチェア技法の対象

・気になる相手、親、子、恋人、家族全員、亡くなった人、会社の人間、会社そのもの

・怒りの対象、伝えていない気持ち、愛憎の対象、葛藤する対象

・自分の身体、気持ち、自己、インナーチャイルド

・頭痛、不安、不眠、うつなどの症状

・現在の自分、過去の自分、未来の自分

・物事や事柄

・夢に現れた物や人出来事

・ペット、愛用物

エンプティチェア技法にどんな効果があるのか

・自己の内面の葛藤、矛盾に気づきが生まれる。

・相手にいいたいことや怒り等を、安心安全な場で言語化・行動化することによって、感情が解放

 される。

・相手の立場になって、体験することができる。

・自分の視点から離れて客観的に見る事ができる。

・家族の場合、全体のそれぞれの気持ちを体験として知ることかできる。

・会社や所属グループなど複数を置くことができ、個々の葛藤や全体を客観視できる。

・病気や症状になった意味を知ることができる。

・夢の意味を知ることができる。

・亡くなった人等の喪失感情を解放できる。

エンプティ技法の体験談

家族をクッションで配置してみて、それぞれになって座ってみると、その人の感覚とか思いが感じられてとても不思議でした。死んだ祖母の気持もわかって、罪悪感もなくなりました。

ゲシュタルトの空の椅子技法を体験しました相手になって自分を見ると、自分がこんな風に見られているのかとゾッとしました。視点を変えてみると、自分のことがよくわかるんですね。

エンプティチェア技法のバリエーション

身体の不調

自分と人(親、恋人、上司、身体、症状)、自分と物(家、お金)、自分と事柄等(嫌な出来事、会社、組織)などの対話。自分自身や相手の気持、自分を離れ客観的に感じてみる。

 

病気(心因性・慢性)

自分の中の心理的な葛藤

(やめたいのに続けてしまう、自由になりたいのに抑圧を受ける)等の感情や生き方などの葛藤について、自己内対話をする。

 

様々な外傷

家族、親戚、世代間の家族関係、会社内の人間関係(誰を見ているか、向きと距離で表現)。どんな影響を受け、家族がそれぞれどう感じているか体験する。世代間連鎖や感情のルーツを見つけ解放する

 


身体の不調

生まれてきてから現在までの出来事、現在から死ぬまでの

未来の出来事を味わってみる。棺桶から現在の自分に対しメッセージを送る等、自分の人生の意味を考える。

病気(心因性・慢性)

自分の無意識の中で、どんな命令が自分に働いているの。その声はいつ、何によって取り込み、 どんな信念を持ったか。その声の必要性を対話する。

様々な外傷

無意識に働いているメカニズムをクッションで形にして、意識化する。自分の生き方のパターンを知る。(例、感情を感じたくないからあきらめるなど)


ゲシュタルト療法(エンプティチェア技法)を紹介している漫画

田房英子の著書である、「キレる私」、「呪詛抜きダイエット」の中で、ゲシュタルト療法についてのご自身の体験を紹介してます。

心理療法・カウンセリング無料体験ご予約
ご予約

連絡は、電話080-5483-216までお願いします。※電話に出られない場合がありますので、メッセージをお願います。折り返しご連絡致します。