内観ゲシュタルト療法

日本の心理療法である内観療法と、心と身体の統合に基づくゲシュタルト療法の融合。

内観のつの視点による自己洞察、それに伴う感情感覚、身体感覚の気づきにより

①対話による相互理解 ②解決の速さ ③懺悔と和解

により、人間関係による問題解決が短時間で期待できます。

内観とは?

内観法とは、「自分を知る」ための方法として開発された自己観察法です。
昭和28年奈良県に内観法創始者である故・吉本伊信先生が内観道場を開設しました。
内観は研修所に1週間宿泊し、屏風(びょうぶ)で囲み座布団に座ります。母に対して自分が ①世話になったこと ②して返したこと ③ご迷惑をかけたこと の3点について、年代順に具体的な事実を調べます。次に父、配偶者、知人、子どもなど身近な人を調べていきます。

内観と内観ゲシュタルトの違い

 

内観法

内観ゲシュタルト療法

内容

まずは母親に対して、小学校低学年、高学年、中学校時代~というように年齢を区切って、現在までを調べます。一通り調べたら、父親、配偶者、知人、子どもなど身近な人に対する自分を同様の観点から調べます。

1回のセッション中、対象の人(母親など気になる人)を1人決め、その人をイメージしたクッションを置き、その人を思い出して、気持ちを伝えてもらいます。

次に、クッションを移動し、イメージで対象となった人になったもりで、先ほど言われた事に答え、同様に感じた気持ちを伝えます。

態勢  

 

楽な姿勢で、屏風で囲まれて座ります

クッションに座り、対象となる人に見立てたクッションを正面に置き、対話します。

セラピストの

介入

1時間~2時間に1

随時

時間

1週間の泊り込み(朝から晩まで)

1回に1時間30

費用

1週間泊まり込みで7万円前後

1時間8千円

メリット

・時間が長い分だけ、多くの事に気づくことができる。

・感謝の念が湧いてくる場合が多い。

・感情にひたりきれる時間がある。

・自分の人生を振り返れる。

・懺悔できる。

・時間当たりの費用は安い。

・1時間でも、必ず気づきが起こる。

・セラピストの介入があるので感情の引き出しが瞬時に起こる。

・あらゆる感情・感覚を問うので、問題の核心に触れやすい。

・怒りの感情を引き出すことを得意とし、その後の処理〔統合〕も得意とする。

デメリット

・長期休暇が取りにくい上に、1週間やっても効果を感じない場合もある。

・面接者の具体的な介入がないので、効果は自分次第。

・負の感情や怒りは、誘導もないので出しにくい。

・家族全員をやるには、時間と費用がかかる。

〔家族システムとして行う方法もあり〕

・細かい記憶まで引き出す時間がない。

・心の底からの感謝・懺悔の念は、内観に比べ感じきる時間が少ない。

※上記はあくまでも、両者を体験した主観的な感想です

内観ゲシュタルトのセッションの一例


状況A

以下は、セッションの一例です。

 

状況A 1     

(セラピスト)

①母に「してもらったこと」はなんですか?

(クライアント)

いつも、朝早くから弁当をくってくれた。

 

 

 

 

状況A 

(セラピスト)

また自分の座布団に座ってください。

③母の声聞いて、どのように感じますか。

(クライアント)

③作ってくれたことを当たり前のように思っていた。

残した時、母はうるさいので「まずかったから」と、吐き捨てるように言っていたが、本当は心配かけていたんだと気づき、とても悪いことをしたと感じている。

 

状況B

 

 

 

状況B 2

(セラピスト)

こちらに移動して座ってください。

母になったつもりで、答えてください。

②息子の言葉を聞いてどうですか。どん

な気持でやってましたか

(クライアント) 

②お弁当は、朝5時に起きるのは辛かった。仕事もしていたし体もキツかった。でも、愛していたから苦ではなかった。きれいに食べてくれた時は嬉しかったけど、残した時は心配だった。


このように、

・今の視点で

・当時の状況

・相手の立場になって

改めて観てみると、その時に自分が感じていた印象と、事実は大きく違っていたことに気づき、新たな発見が生まれます。嫌なこととしか感じてなかったことが、実は一方的な解釈だったことに気づきます。実は、愛を受けていたことや、感謝の念すら抱くようになるかもしれません。

 

このように、1人ひとり特定の人物を年代ごとに事実を調べていきます。

 

対象は?

 

・人間関係中心

・父や母など身近に許せない人がいる

特定の人間関係がうまくいかない

・両親に対しての懺悔がしたい(関係を見直したい)

どうして、内観とゲシュタルト療法を結びつけたの?

 

人間関係の悩みの解決は、感情処理を得意とするゲシュタルトと、懺悔や感謝の念の想起を得意とする内観を融合させることにより、相乗効果で、より高い効果が期待できるのでは? と考え付きました。

実際に療法として行ってみると、思った通り相性もよく素晴らしい結果を生んでいます。

 

 多くの方に、この頼りになる機能を人生の中でぜひ体験して頂きたいと願っています。

 

心理療法・カウンセリング無料体験ご予約
ご予約

連絡は、電話080-5483-216までお願いします。※電話に出られない場合がありますので、無料希望等のメッセージをお願います。折り返しご連絡致します。