腰痛の悩み

 

 

腰痛 体験談

 

このページでは、腰痛での体験談をご紹介しています。ハッピーライフトータルセラピーでは、体験後(3回、もしくは1回4時間以上)の感想を書いて下さり、かつ掲示を了解して頂いたお客様には、千円のクオカードを贈呈致しますなお初回無料の場合も、匿名で掲載させていただく場合もあります。(内容の一部は、編集しております)。

 

腰痛は多くの場合ストレスから生じます。慢性的なストレスにより、体のバランスが崩れ、腰に負荷がかかり、負荷がかかった状態で活動するから痛みが生じます。

 

ゲシュタルト療法の技法により、「痛みの声を聞いたり」、「腰痛の症状になって表現する」ことにより、痛みのメッセージを聞くことにより、痛みが解消します。

再体体験療法では、腰痛の症状が起こった一番初めの原因を見つけ腰痛の悩みを解消します。

ごしんじょう療法で、直接の痛みを解消します。

 

以上①~③のうち、あなたにあった療法により、腰痛の痛みの悩みを解消します。


    腰痛が改善した 30代男性 再体験療法

私は長年腰痛に悩まされてきました。マッサージなどに行ってもその場限りで、痛みは再発してしまいます。そこで、堀井さんのワークを受けることにしました。

まず、堀井さんから「まず痛みを感じ、味わってください」と言われたので、自分なりに神経を集中させて、じっくりと感じました。次に「腰の痛みの部分を、色、形、温度で表現すると、どうなりますか」と質問されて、私は「腰に黒と赤の粘土のようなものが、くっついている」と答えました。赤はマグマのように熱く、黒は冷たい感じがしました。堀井さんに「しばらく感じ続けてください」と言われたので、その通りにしていると、骨の方に赤が集まり、黒は皮膚の方に分離しました。

「赤は、何て言っていますか」と訊かれて、私の頭の中に「うるせぇ、黙れ」という言葉が出てきました。堀井さんに「それを誰に言いたいですか」と尋ねられると、上司、妻、娘の顔が浮かびました。

 

感情的に怒る3人に対しての不満が鬱積していたことが原因だった

 

堀井さんに、それぞれ3人に見立てたクッションを置いてもらい、1人ずつに「うるせぇ、黙れ」と言いました。堀井さんから「もっとお腹から声出して、次に腰の痛みの元から声を出して」と言われ、私は大きな声を出しました。そして「3人に共通なことは何かありますか」と尋ねられ、私は「感情的な人たちで、すぐ怒るということです」と答えました。堀井さんに「それでは3人以上に感情的に怒鳴ってください。それぞれにどんなところが嫌か言ってみてください」と言われたので、私は思っていることを全部吐き出し、完全にスッキリすることができました。

すると何と不思議なことに、腰の痛みは70%くらいなくなりました。堀井さんから、「残った30%の赤いエネルギーにそのものになって、動きや表現してみてください」と指示されて、私は手と足を動かしながら、「ふざけるな」と言葉と動きを合わせて、部屋の床をダンスのように動きました。怒りと笑いで、楽しくなってきました。5分ぐらいやったら完全に痛みは消滅しました。こんなことで、痛みがなくなるのだと驚きました。

 

痛みの原因はストレスだったのだと気が付きました。そして、真のストレス解消ができました。これから腰が痛くなったら一人で怒りのダンスをします。

  体と対話してビッリ、腰痛も治った    30代女性  ゲシュタルト療法

  腰が痛いことから始めたのですが、思いもよらず体の臓器同士の対話になり、最終的に腎臓が怒っていることに気づきました。もともと腎臓が悪かったので、腎臓にも感情や訴えていることがあるんだと目から鱗でした。終わってみると完全に腰痛も消えました。

これからは、体の声を聞き自分の欲求だけでなく、飲酒やスイーツも控え体を大切にしていこうと思いました。

ご予約

連絡は、電話080-5483-216までお願いします。※電話に出られない場合がありますので、無料希望等のメッセージをお願います。折り返しご連絡致します。