胃腸の悩み

 

 

胃腸の不調、食欲不振・便秘 体験談

 

 

このページでは、胃腸の不調、食欲不振、便秘の体験談をご紹介しています。ハッピーライフトータルセラピーでは、体験後(3回、もしくは1回4時間以上)の感想を書いて下さり、かつ掲示を了解して頂いたお客様には、千円のクオカードを贈呈致しますなお初回無料の場合も、匿名で掲載させていただく場合もあります。(内容の一部は、編集しております)。

  胃からのメッセージを受け胃痛が治った 20代女性 再体験療法

突然の胃痛により、私は3週間くらい何もできなくなってしまいました。食事は1日1回しか食べられず、寝ていることが多い毎日。精神的なストレスが原因かと思って精神科に行って診察してもらっても気分障害と言われて、原因がイマイチよくわかりませんでした。そこで堀井さんの存在を知り、スカイプで心理療法をしていただくことになりました。

セッションが始まり、まず堀井さんから「胃のムカムカを感じてください」と言われました。私が胃に意識を集中させていると、堀井さんに「胃のムカムカが喋るとしたら」と尋ねられて、私は「私が悪い、不安、怖い」と答えました。堀井さんから「あなたの何が悪いの」と問われ、「母は自分の辛さをわかってくれず、病んでいても知らんぷり。父は母に依存して独りでは何も出来ない。トイレも汚し放題で、今私は辛くてトイレ掃除もできない」。

 

原因は自分自身が子宮筋腫を恐れ、治療しなかったことだった

 

私は15分間ぐらい、家族の文句を言い続けました。堀井さんから「胃の調子はどうですか」と質問されて、胃そのものになって答えると、「私が悪いと、ムカムカを消えた。不安と怖さはまだある」と答えました。堀井さんより「胃の不安と怖さを感じてください。胃になって、私が怖くて不安なのは何ですか」と訊かれて、胃になった私は「大きくなりつつある子宮筋腫が怖い。あなたが病院に行ってくれないので不安」と自然と言葉が出てきて驚きました。私は、「あっそうだ。私たち同じ事で悩んでいたんだね。私が気づかなくてごめんね」と胃に向かって言いました。胃として答えると「やっと気づいてくれたんだね。私たちのために頑張って、病院行ってね。怖いけど」と答えました。私は胃に迷惑をかけたと、涙が止まりませんでした。泣き終わると、あれだけ痛かった胃の痛みはなくなっていました。胃は優しく笑っているように感じました。

ご予約

連絡は、電話080-5483-216までお願いします。※電話に出られない場合がありますので、無料希望等のメッセージをお願います。折り返しご連絡致します。