病気(心因性・慢性)体験談

 

 

 

病気は自分の心の中で起きている事象を偽りなく表現しています。 

病院などでは、病気の症状を薬などで排除しようとしますが、実はその症状はご自身に何かメッセージを伝えようとしています。

症状を起こしている身体感覚に意識を傾け、特定の感覚・感情を十分に感じます。それにより身体がなにかを表現し始めると、様々な形でメッセージが現れてきます。

そして、内面が身体を使って表現し始めると、表面に様々な形で表れます。

私の「心」と「身体」が対話をすると、分離していた「心」と「身体」が統合されます。その身体(症状)が発するメッセージを感じ取った瞬間から、自然治癒力が促進されていきます。

また、発病した頃の出来事を繰り返し体験することで、消化しきれなかった問題(感情・感覚・衝動)を解消していきます。

各種療法


内容

(下記の内容は一例です。お1人お1人対象、内容は変わります。)

 

●ゲシュタルト

・症状そのものになってもらい表現(イメージ、ことば、動作、音、

 リズム)します。

・症状との対話(症状から自分を見る)

・体は答えを持っています。症状はメッセージを受け取れば改善して

 いきます。

 

 

●再体験療法

・症状を引き起こす症状の源を見つけます。

・現在の症状から時間を遡り、症状の元なった出来事を体験し「今-ここ」で未解決の事柄(感情・感覚・衝動・知覚)を解消することにより、症状が改善していきます。

・スカイプは、この療法での対応となります。

 

 

●ごしんじょう療法、

・症状の痛みや、痺れ、痺れ、腫れを解消します。

・症状そのものが、なくなる場合もあります。

・初回、無料は対象外です。

・アトピー、リュウマチ等の痛みに効果があります。

 

喘息

ご予約

連絡は、電話080-5483-216までお願いします。※電話に出られない場合がありますので、メッセージをお願います。折り返しご連絡致します。