ひきこもりの悩み

 

 

引きこもり 体験談

 

 

このページでは、ひきこもりでの体験談をご紹介しています。ハッピーライフトータルセラピーでは、体験後(3回、もしくは1回4時間以上)の感想を書いて下さり、かつ掲示を了解して頂いたお客様には、千円のクオカードを贈呈致しますなお初回の場合も、匿名で掲載させていただく場合もあります。(内容の一部は、編集しております)。

引きこもりの人たちは過剰なストレスから身を守るために心を閉ざし、現実の人間関係を避けています。根底には、必ず人間関係に対する強烈な不安があります。自己嫌悪などの否定的な思考に陥ったり、精神疾患に罹っている場合もあったりと、傍から見るより状況は深刻です。

彼ら、彼女たちは、出口の見えない心の闇の中で、「こんなつらさは誰にもわかってくれない」といった孤立感を持っている場合が多いです。もがけばもがくほど泥沼にはまるように、思考がネガティブになり、今後どう生きていったらいいかわからない状況にいます。

当然、引きこもりになるまでに様々な人間関係を体験しています。それらの中から再体験療法により、人間関係を拒むまでに至った思考、こだわり、感情のパターン知ります。そうすることで、ストレスの源を見つけ出し、解消します。

絶望のどん底から、だんだんと本来の自分を取り戻し、明るさと生きるエネルギーを取り戻していきます。 


   ひきこもりでモヤモヤしていた気持ちがスッキリした 男子高校生 ゲシュタルト療法

学校に通うことができず家庭生活の中で、何かわからないモヤモヤしていました。ゲシュタルトセラピーを受けて、胃の痛みは母に対する怒りだとわかりました。中学生の時、母がアルバイトに行くようになり、ストレスのせいか家の中が乱雑な感じになっていきました。そんな母に対し、話しかけることができず寂しい思いをしていました。堀井先生より、怒りのエネルギーになってと言われ、体全体で怒りを表現してみると、怒りの思いがさらに出てきました。出しきるとスッキリした気分になりました。次に座布団を母だと見立て、その母に対し「寂しい。話を聞いてほしい」と本心をいえたら、体が楽になりスッキリしました。これからは、母に対し本心を伝えていこうと思いました。

 ひきこもりから脱出できた 30代女性  ゲシュタルト療法

堀井先生にカウンセリングを受ける以前に、いくつかのカウンセリングやセラピーを受けましたが、1番良心的だったのが堀井先生です。そして、他では解消できなかった悩みが解消できました。

男性は苦手という意識がありましたが、受容的に対応してくださり、とても話がしやすかったです。

それまでのカウンセラーのところでは、なんとなく途中で行く気がしなくなって、いつも中断してしまったのですが、

  「こんなことを言ったら嫌われるのではないか?」と思ってしまって言えないようなことが出てきて 戸惑っている私に対して

「どんなことでも言って大丈夫です」とおっしゃってくださる堀井先生に、安心してセッションを続けることができました。

 

また何か起きても堀井さんに相談すれば大丈夫という安心感を得た

 

 ひきこもり気味で、面接に出向けない時には、スカイプのセッションでも対応していただき、とても助けになりました。

また、再体験療法で根深いトラウマを扱って頂くうちに、長年の悩みだった「運動ができないこと」が解消され、今ではジムで汗を流す事が楽しみになるまでになりました。

トラウマを解消するセッションの時、途中で何回もゲップが出たり、本当に今まで自分が我慢してきたことが体感できて、びっくりしました。

堀井先生は、私が少しずつ良くなっていることを必ず喜んで くださり、温かい先生の人柄にも癒されました。

今では、前から興味のあった仕事をはじめることができました。今は生きることが楽しいと感じています。

これからやりたいことがたくさんあるので、毎日が楽しくてしかたありません。

「またもし、なにか困ったことがあっても、先生の存在がある」ということが、私の心の安心感になっています.

心理療法・カウンセリング無料体験ご予約
ご予約

連絡は、電話080-5483-216までお願いします。※電話に出られない場合がありますので、メッセージをお願います。折り返しご連絡致します。