リストラの悩み

 

 

 リストラの悩み体験談

 

 

このページでは、リストラの悩みの験談をご紹介しています。ハッピーライフトータルセラピーでは、体験後(3回、もしくは1回4時間以上)の感想を書いて下さり、かつ掲示を了解して頂いたお客様には、千円のクオカードを贈呈致しますなお初回無料の場合も、匿名で掲載させていただく場合もあります。(内容の一部は、編集しております)。


 夫がリストラし不安だらけだったが今の生活の大切さに気づいた 50代女性 ゲシュタルト療法

 

夫がリストラ宣告を受け、子供の学費や親の意介の心配、将来の心配など不安な毎日です。

夫さえ、仕事を続けていればと責めたくなることで悩んでいます。

以下セラピスト・堀井(以下堀)との会話。

堀 「ご主人を目の前に置いてみ、ご主人はどんな顔してますか?」

指 「平然とした顔してます」

堀 「親指と人差し指をこすってますが、指がしゃべれたら何と言ってますか。」

本 「自分に対して、怒ってはいけない。責めたらいけないと言ってます。」

  「主人は、もともと精神的に弱く、うつ病になってしまうのではと不安にもなります」

堀 「抑えているんですね。ここは安全・安心な場なので、抑えていた気持ちを夫に向けて言ってみてください。」

私 「あなたに野心がないからリストラ受けた。あなたはコミニュケーション能力ない」

堀 「夫になってみて、答えてみてください」

夫 「俺なりに頑張っている。会社で責められ、家でも責められ辛い」

堀 「夫の言葉に反論して」

私 「あなたが甲斐性ないから、私はダブルワークしている。私が深夜に帰っても、あなたや子供た

   ちが酒飲んでいるし、腹が立つ。子供たちが結婚するとき正社員でないと子供に顔向けできな

   い」

堀 「子供になってみて、母の声聞いてどう?」

長女「仕方がない。私はバイトしているし親の力は頼るつもりない。就職しても私は出世する」

長男「今のご時世だから仕方がない。イライラしないで欲しい。」

堀 「子供たちの声を聞いてどうですか。」

私 「子供たちも、いくらガミガミ言っても片付けないし、私が帰って来てもダラダラしている。私

   は、何んために生きているんだろうと思ってしまいます。」

堀 『何のために頑張っているんだろう』と繰り返して言ってみてください。どんな気持ちになりま

   すか。

私 くり返す。「寂しくなります。私の事をわかってくれる人の元で暮らしたい。病気がちの母の元

  で暮らしたい。」

堀 「少し離れたところで、実家の人達をクッションで配置し、そこに入ってみて。」

私  両親、妹を並べて、その中に入る。

堀 「体の感覚どう。親指を人差し指になんて言っている。」

私 「居心地よくない。母はリハビリしても良くはならないし、いつものように姉と喧嘩して落ち込

   み、思いは家が心配になり帰りたくなります。」

堀 「戻ってみてください。今度は『何のために生きているんだろう』を自分に言ってみて下さい。

  どうですか。

私 「笑って過ごせばいい。でもできない。心配が離れない」

堀 では「私は誰かの心配をしていたいのですね、もし、心配なくなったら私はどうなるのです?」

私 ・・・・ 「想像できません」

堀 「そうですね。心配するのはやめられないんですね。いつも誰かのために生きてきたんですね」

私 「子供も育ち寂しいし、夫も私の気持ちをわかってくれない。ストレスと淋しさがセットである

 と気づきました。だから、実家に戻れば、解決すると思っていましたが、実際に体験してみると、

 家に戻りたくなる。この体験で今の生活を大切にしたいと思いました。一番落ち着く居場所でし

 た。私はスピリチュアルで答えだけを期待していましたが、実際に自分と向き合うことによる気づ

 きや、相手も気持もわかりました。」

心理療法・カウンセリング無料体験ご予約
ご予約

連絡は、電話080-5483-216までお願いします。※電話に出られない場合がありますので、無料希望等のメッセージをお願います。折り返しご連絡致します。