ゲシュタルト療法の音声による体験談

 

 無料モニター募集頂きました方の、ゲシュタルト療法、再体験療法での体験談をご紹介します。

 

 

キレる私が癒されるまで

適応障害と診断され、育児の困難、夫との喧嘩、
両親との問題、生き辛さが解消するまで

テーマ

田房永子さんの本「キレる私をやめたい」「呪詛抜きダイエット」でゲシュタルト療法を知り、こちらのホームページにたどり着きました。

昔から集団に馴染むことが苦手で、いじめられた経験もあります。中学2年生の時に不登校になったのをきっかけに、精神科に通うようになりました。病院のカウンセリングなども受けて、母との関係に問題があるといわれました。

一時は自傷行為をするなど荒れに荒れて、たくさんの薬を処方されました。しかし、現在はだいぶ落ち着き、適応障害と診断されて、医師からは投薬治療するほどではないと言われています。ですが、生きづらさが常にあり、また結婚して3人の子どもがいるのですが、育児困難を抱えています。そして、近所に住んでする母との確執もまだ解消しきれておらず、夫との喧嘩も頻繁に起こります。それらを解決するために、ゲシュタルトのセッションを受けました

 

セッション後の感想

堀井さんのワークを受けた直後から、子どもに対してキレることはなくなりました。母に対しても、自然と激しい怒りを感じなくなり、自分の中で許せた感じに変化しました。夫との激しい口論は中々なくなりませんでしたが、最近になって、やっと穏やかさを感じられるようになり、家族仲良く暮らせるようになりました。 

音声によるゲシュタルト体験

ゲシュタルトワークを5回受けていただき、2回目~4回目のゲシュタルトワークを、ご本人の了承(無料モニター)をいただいて、公開いたしました。

夫・父との確執その1 ~幼い子ども同然の夫に「怒り」と「同情」の葛藤の果てに~

『キレる私が癒されるまで(「夫・父との確執その1 」 ~幼い子ども同然の夫に「怒り」と「同情」の葛藤の果てに~)』

【頭部のあらすじ】

夫は小さい子ども同然です

私に自分の『母親』になってほしくて、結婚したんだと思います

 

私たちの間には3人の子どもがいます

夫は親としての自覚がなく

子どもに対して“自分の『母親』を奪い取った異質なもの”として接っして

父親としてきちんと接することができないんです

 

私には、夫の『母親』と、子どもたちの『母親』を同時にすることは不可能

もう限界です……そして夫の言い分は?

(続きは、動画をお聞きください)

 

母との確執 その三 (唐突に悩みは消え去った+感想)

  【冒頭部のあらすじ】

母との確執がなくなり、私は「間に合った」という感覚に浸っています

私の人生が半分過ぎて、ようやく母とのわだかまりが解け

残りの人生はちゃんと送れるという確信から「間に合った」と感じているのです

そして、私の子どもたちに謝罪する気持ちが生まれました

私は母からされた嫌なことを、自分の子どもたちにもしていたのです

そんなことを私がしたから、子どもたちも悲しんでいたのです

まだ、私の中にも「悲しみ」があります

その「悲しみ」の原因が、セッションを通じて徐々に分かり

「悲しみ」の感情が薄れていきました……

 

母との確執 その二 (「母」とのバトルの結果、得られたものは?)

 

【冒頭部のあらすじ】

私の心の中にある「母」は、とても悲しんでいて

私から見捨てられたくないと、強く願っている

そして、見捨てられたくないから、私の心の中に執拗に存在し続けていた

 

でも、私は「母から自立したい私」になって

罪悪感を感じることなく、幸せになりたい

 

その原因は、「母」自身がきちんと自立していないことにあった

「母」がきちんと自立してくれて、今までとは違った距離感で私と付き合うことで

私は「母から自立した私」になれることに気がつく

 

母との確執 その一 (「母」とのバトルの結果、得られたものは?)

あなた(心の中にある母の声)のいう通りに 「理想な私」になっていれば

他人から嫌われることなく、傷つくこともない。

他人から嫌われることは、私が最も恐れていることだから。

でも、私は「私らしい私」でいたい。

 

あなたのいう通りに「理想な私」になろうとして、他人に合わせると

私は私じゃない感じがして、生きている実感がなくなり、死んだよう生きてしまう。

私は生きている実感がほしい。

そのため、あなたにいなくなってほしいと思う。

 

そんな「母から自立したい私」と「自立させないようにする母の声」の対立が激化して

いきます。

そして、「私」の声は大きくなり、バトルへと発展して……

あなた(心の中にある母の声)のいう通りに 「理想な私」になっていれば

他人から嫌われることなく、傷つくこともない。

他人から嫌われることは、私が最も恐れていることだから。

でも、私は「私らしい私」でいたい。

 

あなたのいう通りに「理想な私」になろうとして、他人に合わせると

私は私じゃない感じがして、生きている実感がなくなり、死んだよう生きてしまう。

私は生きている実感がほしい。

そのため、あなたにいなくなってほしいと思う。

 

そんな「母から自立したい私」と「自立させないようにする母の声」の対立が激化して

いきます。

そして、「私」の声は大きくなり、バトルへと発展して……

インナーチャイルド編 その一

【セッションの冒頭部分】

家族に対する感情をじっくり感じていると何か重たい、漬物石のようなもやっとした感覚が現れます。

もやっとした漬物石を感じていると、その石はインナーチャイルドとして存在している4歳の男の子に変身しました。

 

男の子は、かつて生まれ故郷で母と一緒に歩いた時の、穏やかで、幸せな母との関係を再び作り出そうとしている存在です。その男の子は「僕なしであなたは、幸せになれるの」と聞いてきます。私は「あなたがいると、今の私は幸せになれない。だから消えてほしい」と言いました。男の子は泣いています。

堀井さんに「男の子を抱いてあやしてください」と言われたので、私は男の子を抱いて「ずっと幸せを願ってくれてありがとう。でも、あなたがいると自分の子どもを守れない。消したくないけど、消えて」と言って泣きました。

 

すると、その男の子が、今度は女の子に変わりました……

インナーチャイルド編 その二

【前半のあらすじ】
母をゴミ袋に入れて、ゴミ集積所に捨てました。

母は、ゴミ袋に入れられ、捨てられても、まだ話を続けています。
「私は、悪くないし。私は頑張ったし。私が報われないのはかわいそうそうだし、全て夫が悪いし……

その状況を見て、私はやっぱり母は異常だと思います。

ゴミ回収車が、母を入れたゴミ袋を持っていきました。

母が居なくなってみると、「理性の自分」が世間体を気にし始め、恐怖を感じました。

私は「世間は苦しくたって何もしてくれないし、世間体なんて気にする必要はない」と言うと
「理性の自分」は「道徳的にもおかしいし、カルマもあるし……」と、まるで母みたいなことをしゃべっています。

縁を切るために、私は「理性の自分」をゴミ袋に入れて捨てました。

すると、葛藤していた声がなくなりました。

しかし、今度は肩甲骨のあたりにモヤモヤを感じ始めました。

それがモルモットの姿になり、モヤの一部がくっついています。

くっついているものは、「怖い、怖い、離れないようにしなくちゃ。一人になっちゃう」と言っています。そう言っているのはインナーチャイルドの私の声です。

すると、そのモヤは小さい子の姿になり、私は抱いてあやしてあげました。 しかし「母がいない」と泣いています。

私は、一度捨てた母を拾ってきて、インナーチャイルドと合わせてみました……